株式会社ワイズスタッフ
ネットオフィスにより、新しい働き方、新しいビジネス、そして、新しい生き方を提案します。

ENGLISHサイトマップ

netoffice

ネットオフィスとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

株式会社ワイズスタッフは、「ネットオフィス」の概念に基づき運営している会社です。

★2007年5月29日に発表された「テレワーク推進に関する関係省庁連絡会議決定」による「テレワーク人口倍増アクションプラン」の中で、ワイズスタッフが取り組んでいる「ネットオフィス」という働き方の概念が盛り込まれました。

テレワーク推進に関する関係省庁連絡会議~テレワーク人口倍増アクションプラン
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/others/telework.html  
このワイズスタッフのようなテレワーク形態(ネットオフィス)は、「田澤由利だから可能になった」という特殊なものではありません。どの企業、グループでも実現可能なシステムなのです。

 

「ネットオフィス」とは?
  • ネットワーク上で運営する、バーチャルな「オフィス」(仕事場)
  • 通常の会社と同等の業務環境を実現し、同等レベルの業務を可能にする
  • ネットオフィスで働くワーカーは、場所に縛られずにチーム業務に参加できる
  • テレワーカーがメインワーカーとして働ける新しいテレワーク形態

この新しいテレワーク形態により、職種が限定されず、場所に縛られず、生産性を向上させることが可能になります。

チーム業務遂行に必要なほとんどの情報がデジタル化され、ネット上で共有されています。業務指示から「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」まで、プロジェクト内のコミュニケーションもすべてネット上で行われます。

その結果、チームの一員であるメンバーは、自宅にいても、モバイル中でも、通常と変わらない業務が可能です。また、「会議数の減少」「報告書作成の軽減」「言った言わないのトラブルの防止」という、従来業務の効率化も実現しています。


 

従来型テレワークとネットオフィス型テレワークの比較(自営型テレワーク)
  • 従来型
    業務を切り分けて1つ1つをテレワーカーに発注。
    →エージェント側に、とりまとめなどの余計な業務が発生する。
  • ネットオフィス型
    ネットオフィス上でテレワーカー同士が連絡を取り合いながら、通常の会社組織と同様、高度な業務をこなすことが可能。

従来型テレワークとネットオフィス型テレワークの比較(自営型テレワーク)

従来型テレワークとネットオフィス型テレワークの比較(雇用型テレワーク)
  • 従来型
    出張・在宅用などに業務を切り分けて、テレワーク可能なものだけの業務(資料整理など)をこなす。
  • ネットオフィス型
    テレワーク可能にまで業務をIT化しているので、出張しようが在宅だろうが、どこにいても通常と同様に業務が可能。

従来型テレワークとネットオフィス型テレワークの比較(雇用型テレワーク)

(参考)田澤由利:日経ネット時評掲載コラム
『テレワーク導入で、企業の生産性は向上するのか~ネットオフィス型テレワークの提案』

(参考)田澤由利:日経ネット時評掲載コラム
『テレワーク普及で地域は活性化するのか?~「テレワーク力」の必要性~』

★『田澤由利のテレワークブログ』
http://telework.blog123.jp

 

【 ネットオフィスとは 】 の詳細