株式会社ワイズスタッフ
ネットオフィスにより、新しい働き方、新しいビジネス、そして、新しい生き方を提案します。

ENGLISHサイトマップ

news

田澤由利コラム~シーニックバイウェイ広報紙SCENE秋号 2007/9

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
シーニックバイウェイ広報紙SCENE(シーン)の秋号
巻頭コラム(P5)に、弊社代表取締役 田澤由利のコラムが掲載されました。

『北海道の秋に魅せられて』

シーニックバイウェイ北海道
http://www.scenicbyway.jp/

広報紙SCENE(シーン)紹介ページ

  シーニックバイウェイ広報紙SCENE(シーン)秋号
2007年9月5日発行
部数:25万部

許可をいただき、コラム全文を掲載させていただきます。


北海道の秋に魅せられて~田澤由利

10年前の秋、私は夫の転勤で北見に引っ越すことになった。北見はもちろん、北海道にさえ知り合いはいない。目前に迫る、体験したことのない厳しい冬。5歳、2歳、5ヶ月の幼子を抱え、私はこれから北海道で暮らしていけるのだろうか。

「当機はもうすぐ女満別空港に着陸します」飛行機のアナウンスが流れた。窓の外に目を向ける。そこには、言葉では言い表せないほど美しい、緑と黄のパッチワークの大地が広がっていた。そう、不安いっぱいの私を最初に迎えてくれたのは、「北海道の秋」だった。

こうして私の北海道での暮らしが始まった。黄色い銀杏並木の通りを曲がると、真っ赤なナナカマドの木々が目に飛び込んでくる。カラマツの淡い黄色に染まる風景は、どこを切り取っても油絵のよう。休日に夫が持って帰ってきたゴルフの参加賞は、鮭一匹(笑)。不安など感じる暇もないぐらい、驚きと感動の毎日が続いた。

北海道の秋は短い。しかし、木々の葉っぱは、その分より色鮮やかに存在を主張し、より美しく変化する。ここには「紅葉の名所」などない。どこに行っても、どの道を走っても、鮮やかに秋色に染まった景色が迎えてくれる。収穫されたばかりのジャガイモや玉ねぎ。新鮮な鮭やイクラ。この季節でしか味わえない味覚が、「北海道の秋」をより魅力的にしてくれる。

すっかり「北海道の秋」に魅せられた私は、仕事中でも紅葉を楽しめるよう、オフィスの庭に1本の広葉樹(ヤマボウシ)を植えた。そして気がつくと、私が一番好きな季節は「秋」になっていた。

 

(About田澤由利)

 

【作成日 2007/11/01】