株式会社ワイズスタッフ
ネットオフィスにより、新しい働き方、新しいビジネス、そして、新しい生き方を提案します。

ENGLISHサイトマップ

news
  • ホーム >
  • メディア掲載
  • >
  • 日本テレワーク学会誌「テレワークパテント」田澤由利 特許への思い 10月号

日本テレワーク学会誌「テレワークパテント」田澤由利 特許への思い 10月号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
日本テレワーク学会発行の日本テレワーク学会誌(Vol.7 No.2 October2009)に、田澤由利の特許にかける思いが掲載されました。

日本テレワーク学会誌
Vo1.7 No.2 October2009

榊原 憲「連載 テレワーク・パテント 第2回」
テレワーク実践企業における特許取得効果

(P65~77)

ネットオフィスの特長、Pro.メールの説明と特許の内容などについて、詳しく解説くださっています。
また、インタビューに答える形式で、田澤由利の特許にかける思いを掲載いただきました。
田澤由利の祖父が若いころに特許を複数取得し、そのおかげで今の自分がいる。いつか自分も特許を取得したいと強く思っていたという話や、特許はあくまでもおさえておく信用の根っこであるという考えを語っています。

ぜひお読みください。

※榊原憲さん(ご専門:技術経営)
特許に関する著書:死蔵特許

Pro.メールの特許について

特許番号:特許3363144号
名称「通信システムおよびコミュニケーション支援方法」
商品名「Pro.メール」(プロメール)

【本特許の効果】
プロジェクトメンバー全員を「Cc:」で指定する等の特別な操作をすることなく、電子メールを送信する通常の操作をするだけで、ネットワーク上のオフィスにおけるプロジェクトメンバー間でのコミュニケーションを可能にすると共に、その情報の共有化を可能にする通信システムを提供する。