株式会社ワイズスタッフ
ネットオフィスにより、新しい働き方、新しいビジネス、そして、新しい生き方を提案します。

ENGLISHサイトマップ

news

テレワークを推進する株式会社ワイズスタッフの受賞・活動のご報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

プレスリリース                    2008年9月29日
株式会社ワイズスタッフ
─────────────────────────────────
テレワークを推進する株式会社ワイズスタッフの受賞・活動のご報告

・日経地域情報化大賞2008「日経産業新聞賞」受賞
・経済産業省「ハイ・サービス日本300選」に選定
・テレワーク協会 第9回テレワーク推進賞 奨励賞受賞
・福田総理大臣(当時)へ女性864人の生の声と政策を提言(9.11)
・代表田澤由利が、米国務省の招待で11月にアメリカ視察へ

─────────────────────────────────
株式会社ワイズスタッフ(拠点:北海道北見市 本社:奈良県生駒市  
代表取締役:田澤由利 http://www.ysstaff.co.jp)は、1998年の設立
以来、「ネットオフィス」(インターネット上で運営する会社)という独
自のビジネス形態で事業を運営し、テレワークの推進活動をする中、この
度、日経地域情報化大賞2008「日経産業新聞賞」などの賞を受賞いたしま
した。また、「女性が働きやすい社会」の実現のため、女性の生の声をま
とめて、福田前総理へ提言を行い、更に11月には「インターナショナル・
ビジター・リーダーシッププログラム」への参加へが決まりました。今後
もテレワーク普及、働く環境をより良くするための活動を進めてまいりま
す。

┌─────────────────────────┐
│ 日経地域情報化大賞2008「日経産業新聞賞」受賞  │
└─────────────────────────┘

日本経済新聞社と(財)地域活性化センター、(財)インターネット協会
が実施する日経地域情報化大賞2008で、弊社が実施、普及を行っている
「ネットオフィス」が「日経産業新聞賞」を受賞し、本日(9月29日)の
日本経済新聞30面に掲載されました。
一地域の活性化だけでなく、全国各地において、「地域に埋もれる労働力
の活用」「収入の確保と消費」「ITレベルの底上げ」を実現していること
を評価いただきました。

●日経地域情報化大賞2008
http://www.nikkei.co.jp/riaward/gaiyou.html

●「テレワークブログ」でもご紹介しています。
http://telework.blog123.jp/archives/2008/09/00149.php


┌─────────────────────────┐
│  経済産業省「ハイ・サービス日本300選」   │
│     サービスプロセスの改善で選定      │
└─────────────────────────┘

経済産業省サービス産業生産性協議会が創意工夫に満ちたサービス企業や
取組を選定する「ハイ・サービス日本300選」の第3回の選定において
「サービスプロセスの改善」部門で株式会社ワイズスタッフが選定されま
した。
離れている契約テレワーカー同士が協力しあいながら業務を行えるように
、ネット上に会社と同じ環境や、自社開発メールシステム「Pro.メール
2.0」などのツールを用意して、固定費を抑えて生産性を高めつつ、品質の
高いサービスを提供している点を評価いただきました。

●経済産業省「ハイ・サービス300選」
http://www.meti.go.jp/press/20071128003/20071128003.html


┌─────────────────────────┐
│     社団法人日本テレワーク協会主催     │
│   「第9回テレワーク推進賞」奨励賞に入賞   │
└─────────────────────────┘

社団法人日本テレワーク協会が、企業・団体でのテレワークの一層の普及
促進を目指し、毎年行っている「テレワーク推進賞」の奨励賞を受賞いた
しました。
本年度のテレワーク推進賞では、例年よりも多数、かつ幅広い分野からの
応募があった中での受賞ということで、この受賞に感謝し、更なるテレワ
ークの普及活動に邁進してまいります。

●財団法人日本テレワーク協会
http://www.japan-telework.or.jp/

●「テレワークブログ」でもご紹介しています
http://telework.blog123.jp/archives/2008/09/00147.php


┌───────────────────────────┐
│福田総理(当時)へ「女性が働きやすい社会」アンケートの│
│女性864人の声を手渡し、政策の反映を提言しました    │
└───────────────────────────┘

働く女性を取り巻く現実を、多くの女性の「生の声」として、社会を動か
す立場の方に届けるべく、女性を対象としたアンケート調査を実施し、そ
の結果を9月11日、福田康夫内閣総理大臣(9.11当時)に届け、女性の生の
声を政策に反映いただけるよう提言しました。
前総理から、報告書を見て、女性が働きやすい社会づくりには、男女共同
参画の従来の活動に加え、テレワークのような柔軟な働き方が企業にとっ
ても重要な経営戦略となることを広めることが必要というコメントをいた
だきました。また、引き続き政府の重要事項として取り組んでいくように
することを約束してくださいました。

詳しくは、以下をご覧ください。

●「女性が働きやすい社会」をつくるためのアンケート調査報告書
http://www.ysstaff.co.jp/archives/jisseki/research/00303.html

●アンケートで記入いただいたフリーコメント「生の声」
http://www.ysstaff.jp/db/db.cgi?page=DBView&did=152

●代表 田澤由利のブログ(空飛ぶ由利ママの社長日記)
http://blog.5012.jp/tazawayuri/archives/2008/09/post_200.html


┌─────────────────────────┐
│代表取締役田澤由利が、アメリカ国務省の「IVLP」│
│に招待され、3週間アメリカの企業や団体を訪問します│
└─────────────────────────┘

アメリカ国務省教育文化局が企画・運営する「インターナショナル・ビジ
ター・リーダーシップ・プログラム」に代表取締役 田澤由利が参加いた
します。このプログラムには、日本からはこれまで、海部俊樹元総理や小
池百合子衆議院議員をはじめ、作家、ジャーナリスト等、それぞれの分野
で活躍している方々が多く参加しています。

 田澤由利の参加日程:2008年11月3日(月)~21日(金)

3週間、アメリカ各地の企業や団体を訪問し、ITの先端事例、企業における
女性の活躍状況、テレワークなどの柔軟な働き方、また、地域の観光事例
などについて学び、情報を交換する予定です。
その状況については、アメリカ滞在中も随時ブログ等のネットで発信する
ほか、日本に戻ってからも、講演などで積極的に発信していく所存です。

ワイズスタッフは、テレワークという新しい働き方を推進することで、
よりよい社会づくりに貢献していきたいと、考えております。
引き続き、よろしくお願いいたします。


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ワイズスタッフ http://www.ysstaff.co.jp/
北見オフィス 担当:堂本
〒090-0058 北海道北見市高栄西町4-7-13
TEL:0157-61-5012 FAX:0157-61-5013
WEBからのお問い合わせ : https://www.5012.jp/ys/request.htm


【作成日 2008/09/29】