株式会社ワイズスタッフ
ネットオフィスにより、新しい働き方、新しいビジネス、そして、新しい生き方を提案します。

ENGLISHサイトマップ

netoffice

人生の転機~SOHOとプログラミングとワイズスタッフ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
◇CGIを始めたきっかけ
今から10年以上前に、CADを使って 機械図面を書く仕事をしていました。当時は、マクロを作ることが楽しかったです。アイデア次第で驚くほど作業を簡単にでき、思い通りに動作してくれた時は、うれしくて飛び上がりたい気持ちでした。プログラマーの経験はありませんでしたが、面白そうなやってみたい仕事だと、ずっと思っていました。

1997年に趣味で自分のホームページを作った時、どうしても自分だけの掲示板を作ってみたくてCGIの勉強を始めました。当時、CADマクロは本も資料もあまりなく、教えてくれる人もいなかったので、手探りの四苦八苦状態でした。それに比べ、インターネットには フリーのCGIもPerlの解説ページもいっぱいあり、なんと勉強のしやすい環境なんだと感動しました。以来、ずっとPerlでCGIを作っています。 プログラミングの魅力は、「アイデア次第で面白いことができること、成功した時のうれしさ」ですね。
◇田澤由利さんとの出会い
1995年にパソコン通信(ニフティーサーブ)の Windows初心者フォーラム(電子会議室)に参加、そこで運営スタッフをされていた田澤さんを知りました。「フォーラムでの発言の仕方」などの初心者にやさしいテキストを、田澤さんが作ってくださっていて、参考にさせていただきました。「田澤さんって、どんな方なんだろう?アイデアと実行力があって、きっと強い心の人に違いない」と想像しておりました。

1998年にインターネットで田澤さんがスタッフをされているメーリングリストを知り、参加しました。しばらくして、メーリングリストのボランティアで田澤さん監修・私が CGIを作成する機会があり、それをきっ
かけに直接言葉(メール)を交わすようになりました。そして、ワイズスタッフがまだ会社になっていない頃、ネットメンバーの募集が始まったのを知ってすぐに応募。ワイズスタッフの設立と時を同じくして、メ
ンバーになりました。
◇ワイズスタッフでの仕事と新しい分野への興味
一番印象に残っているプロジェクトは、ワイズスタッフに参加した当初から担当している「インターネットアンケート」です。アンケートなので、一度しかない機会にミスは許されない、大変緊張する仕事です。最初の頃は3本同時公開のアンケートをひとりで担当することもあり、3本分集中力を持ち続けるのは大変で、正直なところ公開後はくたくたでした。作業に煮詰まった時は、外出してリフレッシュするのが一番ですね。

現在は、ユニバーサルデザインのWEBに 関心を持っています。音声読み上げブラウザや、マウスの使用が難しい方にもアクセスしやすいホームページの制作に、とても興味があります。以前、あるメーリングリストで仲間と一緒に勉強したのですが、あまり需要がないので、せっかく覚えかけた技術も忘れてしまいそうです。でも、意思が弱くてひとりではなかなか勉強が続かないときも、共通の目的を持った仲間がいることは支えになります。今後も地道に勉強を続け、機会があれば、そういった分野にも挑戦したいと思います。
◇後輩へのアドバイス
自分自身にも言いたいことですが、多少お金をかけてでも、体調をよくすることは重要かと思います。たとえばよく眠る、腰をいためない、手を疲れないようにするために「物」が必要であれば、少々お高くても思い切って買うことも必要だと思います。

また、仕事と家庭を両立させるためには、マイペースを知ることが大切だと思います。無理をしないことが一番かと。家事にしても手間ひまかける事が自分の精神衛生に良い方はそうすればいいし、手抜きでもいいじゃない!と思える方は手抜きをすればいいと思います。私はとても面倒くさがりなので、だんぜん手抜き派です。家族にわからないように手抜きをする……これはちょっとした技術です。と思っているだけで、実は家族にばれているかもしれませんが。

Y's STAFF メンバーT(大阪府在住)

【作成日 2004/02/18】

【 その他 】 の詳細